桂川駅の情報、写真、印象記(北海道:JR北海道-函館本線)

漁港に面したシンプルなつくりの駅

桂川 【廃止】

かつらがわ Katsuragawa
  • 函館本線
  • 《函館方面》   石谷 《旭川方面》
  • ※隣接駅名は駅廃止直前のものです。
桂川駅
▲桂川駅《2016年1月10日撮影》

このページは、駅廃止前の情報をもとに記載しています。

ホームは千鳥式

桂川駅上りホーム(奥は旭川方)
【写真1】桂川駅上りホーム(奥は旭川方)。《2016年1月10日撮影》

森から北側で函館本線は内浦湾に沿って走るようになり、しだいに左側に緩やかな傾斜が作られるようになってくると、ほどなく桂川駅に到着します。

相対式ホーム2面2線が千鳥式に設けられている駅です。

ホームは短く簡素なもの

桂川駅下りホーム(奥は函館方)
【写真2】桂川駅下りホーム(奥は函館方)。《2016年1月10日撮影》

海よりも少し高いところに位置しているホームは短く簡素なもので、この駅が信号場兼仮乗降場から昇格したという経緯を示しているかのようです。

下りホームから国道へ出られます

桂川駅下りホーム側奥にある出入口
【写真3】桂川駅下りホーム側奥にある出入口。何かの足跡が。《2016年1月10日撮影》

駅の出入口は東側、すなわち上りホーム側にありますが、下りホームの札幌方からも外に出入りできます。かつてはこちらに木造駅舎があったそうですが[1]、それらしき痕跡は確認できませんでした。

こちらには出口すぐのところに民家が数軒建っており、その脇を通って国道に出ることができます。私が下車したときには、何か獣の足跡がついていました。

両ホームの間は構内踏切で連絡

桂川駅構内踏切
【写真4】桂川駅構内踏切。《2016年1月10日撮影》

両ホームの間は構内踏切で連絡しています。下りホームからは階段を下りてすぐに踏切ですが、上りホームは少し離れており、線路沿いに歩くことになります。

通過する列車にご用心

姫川駅を通過する貨物列車
【写真5】姫川駅を通過する貨物列車。《2016年1月10日撮影》

特急列車や貨物列車などはこの駅を高速で通過しますが、特に冬季には雪煙や氷塊を飛ばしながら走って行くため、踏切付近にいると、これらをもろに食らうことがあります。通常であれば風圧を受けない程度の距離があっても、必ずしも安全とはいえません。

扉のない通路が待合所

姫川駅待合所
【写真6】姫川駅待合所。《2016年1月10日撮影》

さて、そんな構内踏切から下りていく階段には屋根が設けられており、ここにベンチが置かれています。時刻表や各種掲示などもあり、どうやらここが待合所になっているようです。外から締め切る扉などもなくて寒いのですが、通路が屈曲しており風が抜けないだけましといえましょうか。

通過列車への注意書きが

注意書き
【写真7】注意書き。《2016年1月10日撮影》

その待合所に、通過列車に注意する旨の掲示があり、ご丁寧に通過列車の時刻まで出ていました。ちなみに【写真5】は7時55分に撮影したものですが、この案内には出ていません。2016年1月時点での特急列車の通過時刻とも必ずしも一致していないようで、いささか謎ではあります。

駅の目の前には漁港が

桂川駅正面
【写真8】桂川駅正面。《2016年1月10日撮影》

通路から階段を下りると、他には駅施設は何もありません。目の前には漁港が広がっています。

駅の存在感はやや薄く

桂川駅周辺
【写真9】桂川駅周辺。《2016年1月10日撮影》

駅出入口周辺には漁網やブイが山のように積まれており、ここが漁師町であることをうかがわせます。駅周辺には民家がぽつぽつ建ち、右手から線路沿いに道路が延びていますが、駅に人が盛んに出入りしている気配はあまり感じられませんでした。ただし駅周辺の人口はそれなりにあるため、曜日や時間帯によって一定の利用者があるのかもしれません。

停車列車 [2016年1月現在]

普通列車のみが停車し、特急、急行および快速「アイリス」は通過します。

乗り場

番線表示は確認できませんでした。

  • (東側)函館本線上り 森、函館方面
  • (西側)函館本線下り 長万部、札幌方面

駅名の由来

確認中。

歴史

信号場が仮乗降場となり、JR化に際して駅に昇格したものです。

1944年9月30日
函館本線の森-石谷間に、桂川信号場設置。
1979年9月27日
桂川信号場を、仮乗降場(局設定)として営業開始。
1987年3月31日
停車場に昇格、駅として正式に開業。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。
1990年3月10日
営業キロ設定。
2017年3月3日
この日かぎりで桂川駅廃止。

周辺の見どころ

確認中。

  1. 本久公洋『北海道鉄道駅大図鑑』北海道新聞社、2008年、25ページ。

このページの先頭へ