藤並駅(和歌山県:有田鉄道)
 

藤並
ふじなみ
Fujinami

藤並駅

 JRとは同一ホームを鉄柵で区切っており、その隙間にあたるところに改札口が設けられ、有田鉄道列車の発着にあわせて乗車券類の発売および改札が行われていた。駅事務室は小さなプレハブだったが、のちにはここも無人化された。JRとは異なり有田鉄道側のホームだけ未舗装のままだった。写真の後方に見えるのは、最晩年の有田鉄道で活躍していたレールバス。

 以前は、この藤並の南側で有田鉄道とJR紀勢本線とのレールが接続しており、有鉄のディーゼルカーが湯浅まで乗り入れていたが、これが廃止されてからはレールは切断された。

歴史

 コメント準備中。

2003年7月27日

ご意見、ご感想などは、脇坂健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2008 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.