細倉マインパーク前駅の情報、写真、印象記(宮城県:くりはら田園鉄道)

鉱山町の入り口にあった三角屋根の駅

細倉マインパーク前 【廃止】

ほそくらまいんぱーくまえ Hosokuramineparkmae
細倉マインパーク前駅
▲細倉マインパーク前駅《1993年9月13日撮影》

このページは、路線廃止前の情報をもとに記載しています。

旧駅もそのまま残されていました

細倉マインパーク前駅に停車中のディーゼルカー(奥は石越方)
【写真1】細倉マインパーク前駅に停車中のディーゼルカー(奥は石越方)。《2003年3月16日撮影》

くりはら田園鉄道の終着駅は、片道1面のみの駅でした。同線の終着駅は以前は長らく細倉でしたが、貨物輸送の廃止に伴い、この駅まで延伸されました。すなわち、細倉-細倉鉱山間がまず貨物営業の廃止に伴って路線廃止となり、その後細倉駅に変わって細倉マインパーク前が終着駅となったという経緯をたどります。

なお、旧細倉駅のホームと駅舎は2003年3月現在も従来の位置に残っており、走行中の列車から確認することができました。

新設駅ながらしっかりしたホーム

細倉マインパーク駅を石越方から望む
【写真2】細倉マインパーク駅を石越方から望む。《2003年3月16日撮影》

駅は平行する道路よりも少し低いながら、民家や事務所が並ぶ裏手に位置していました。新設駅にもかかわらず、コンクリート製のしっかりしたホームになっていました。

乗務員控え室はあるが無人駅

ホームから駅舎を見る
【写真3】ホームから駅舎を見る。《1993年9月13日撮影》

駅舎はホームより少し低いところに設けられており、階段を上って外に出ることになります。

三角屋根の玄関が印象的な駅舎があり、乗務員の控え室があるものの、無人駅のため、乗車券類の販売は行われていません。また、別棟では蕎麦屋が営業していました。

駅前にはだだっ広いスペースが

細倉マインパーク駅駅前
【写真4】細倉マインパーク駅駅前。《1993年9月13日撮影》

駅前にはかなり広いスペースが設けられていますが、未舗装であり、駅前広場として整備したというよりは、鉱山関係の施設が撤去された遊休地を利用していたという印象を受けました。その脇には、貨物列車として使われていた電気機関車や無蓋貨車が留置(保存)されていました。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1990年6月16日
開業。
2007年3月31日
この日かぎりでくりはら田園鉄道が全線廃止され、細倉マインパーク前駅も廃止。

その他

  • 「東北の駅百選」(国土交通省東北運輸局)選定駅。

このページの先頭へ