古里駅の情報、写真、印象記(青森県:十和田観光電鉄)

目の前に牧場が広がります

古里 【廃止】

ふるさと Furusato
古里駅
▲古里駅《2011年11月20日撮影》

このページは、路線廃止前の情報をもとに記載しています。

県道と水路に挟まれて

古里駅ホーム
【写真1】古里駅ホーム。《2011年11月20日撮影》

七百から西側になると、線路に沿った水路が川となって姿を現す区間が長くなり、県道と水路に挟まれる形で線路が伸びるというパターンが定着します。

駅周辺はすっきりと

古里駅を水路側から見る
【写真2】古里駅を水路側から見る。《2011年11月20日撮影》

古里は、北側に牧場、南側に集落というロケーションに設けられている駅です。鉄骨を組んだ簡素なホームの上にこれまた簡素な待合室があるのみという、十和田観光電鉄線では典型的といえる無人駅です。

駅の南側には農牧業を営んでいると思われる民家がぽつぽつと建っていますが、おおむね開放的な空間にあります。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1934年10月31日
開業。
2012年3月31日
この日かぎりで十和田観光電鉄線が全線廃止され、古里駅も廃止。

このページの先頭へ