内部駅の情報、写真、印象記(三重県:近鉄-内部線)

駅構内の車庫にナロー車両が集結

内部 【廃止】

うつべ Utsube
  • 内部線
  • 《近鉄四日市方面》 小古曽
  • ※隣接駅名は路線廃止直前のものです。
内部駅
▲内部駅駅舎《2011年9月17日撮影》

本記事は、近鉄当時に訪問した際の情報を基に記載しています。新しい情報については、 あすなろう四日市鉄道 > 内部線 > 内部駅 をご覧ください。

 

内部駅ホーム
【写真1】内部駅ホーム。《2011年9月17日撮影》

内部線の終点となる内部駅は、旅客から見ると1面1線の単純な駅で、改札口を入ったらすぐに乗り場です。やや横長の木造駅舎がどんと構えています。

 

内部駅駅舎内
【写真2】内部駅駅舎内。《2011年9月17日撮影》

内部・八王子線では近鉄四日市とともに数少ない有人駅で、窓口で乗車券類を販売しているほか、自動券売機も設けられています。なお、自動改札機はなく、下車する際には乗車券を駅員に渡すことになります。

 

内部駅から四日市方面を望む
【写真3】内部駅から四日市方面を望む。《2011年9月17日撮影》

内部駅は、内部・八王子線の運行拠点という位置づけになっており、車両基地が置かれ、ナロー列車がここに集結しています。側線も多く、列車が留置されています。

駅の周辺は住宅地となっており、駅を出ると正面に延びる道路の両脇には、民家が並んでいます。私は17年ぶりにこの駅を訪れましたが、駅舎の外壁が補修された程度で、ほとんど変化を感じられませんでした。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1922年6月21日
三重鉄道の小古曽-内部間が開業した際、内部駅開業。
1944年2月11日
三重鉄道が三重交通に合併、三重交通の駅となります。
1964年2月11日
三重鉄道の鉄道部門が三重電気鉄道として分社化、三重電気鉄道の駅となります。
1965年4月1日
三重電気鉄道が近鉄に合併、近鉄内部線の駅となります。

このページの先頭へ