動物園駅の情報、写真、印象記(愛知県:名鉄-モンキーパークモノレール線)

このページは、モンキーパークモノレール線廃止前の情報をもとに記載しています。

動物園駅
▲動物園駅《2008年1月26日撮影》

動物園駅ホーム

【写真1】動物園駅ホーム。《2008年1月26日撮影》

モノレール線の終着駅で、この駅も片面1線のみとなっています。線路はしばらく先まで伸びており、ここの区間は車庫として使われています。

改札の外はすぐモンキーパークの敷地内となっています。このため、乗車券のみでは通常は改札外に出ることはできません。このため、モンキーパーク入園料込みのきっぷが販売されることが多いようです。上掲写真の左側から出入りすることが可能できるという情報もありますが[1]、私がこの駅に2回降り立った際には、いずれも出入り口は閉まっていました。閉鎖されているわけではないとはいえ、列車の発着前後に自由に通行できる状態になっておらず、また通行可能な旨の掲示もないため、一般的には出入りが困難という認識でよいでしょう。また、この“出入口”があるからといって、わざわざ駅員を呼び出して出してもらうにも、少しく抵抗を感じるのですが、これは私が小心だからかもしれません。

 

駅名の由来

「モンキーパーク」とせず、単に「動物園」とした理由については確認中です。

歴史

特記事項なし。

周辺の見どころ

日本モンキーパーク【未訪】

コメント準備中。


  1. 名鉄探検倶楽部「動物園駅」の記述など。また、弊サイトの読者の方からも、特に施錠されているわけではなく、ゲートのストッパーを外せば出入りは可能との情報をいただきました。この先は、車庫の横を通り道路へ通じているとのことです。

2008年1月13日、写真を追加のうえ加筆修正
2008年3月15日、加筆修正

▲ このページの先頭へ ▲