分岐駅は高架上の棒線駅

川西

かわにし
Kawanishi
川西駅
▲川西駅《1994年2月27日撮影》

築堤上に片面ホームが設けられているのみの駅で、ホームには急な階段を登る必要があり、バリアフリーなどという言葉とは縁遠い駅である。歴史を感じさせる駅の多い岩徳線の中では珍しいが、国鉄岩日線(現-錦川鉄道)開通直前という時期に開業したため、無機質な駅になったのだろう。

この駅の東側にある森ヶ原信号場で錦川鉄道と分岐しているが、この川西駅にはそれをうかがわせる設備などはない。有名な錦帯橋の最寄り駅なのだが、ここから錦帯橋に向かう観光客は少ないだろう。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【岩徳線】 岩国西岩国川西柱野欽明路玖珂周防高森米川高水勝間大河内周防久保生野屋周防花岡櫛ヶ浜

《乗り換え》錦川鉄道

2003年10月20日

▲ このページの先頭へ ▲