神杉

かみすぎ Kamisugi
神杉駅
▲神杉駅駅舎《1994年2月25日撮影》

 

非常に古い木造駅舎で、特に屋根の形状がなかなか美しいが、無人化されてからかなりたっているようで荒廃が激しい。駅舎のすぐ前に立っている2本の木がアクセントになっている。島式ホームを持ち列車交換が可能だ。

駅周辺は比較的人家がまとまっており、日常的な利用客もけっこう多いようだ。三次県立歴史民俗資料館のある「みよし風土記の丘」の最寄り駅である。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1922年6月7日
開業。
2018年7月5日
平成30年7月豪雨による水害のため、芸備線の全区間および福塩線府中-塩町間が運休。
2018年10月4日
芸備線・備後庄原-三次間および福塩線・吉舎-塩町間が復旧、運転再開。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ