塩町

しおまち Shiomachi
塩町駅
▲塩町駅駅舎《1994年2月25日撮影》

 

芸備線と福塩線との合流駅で、島式ホームから地下道を通って駅舎へ抜ける。駅舎は木造でこれといった特徴はないが、かなり老朽化しているようで、暗い待合室にはすきま風が吹き込んできた。

三次市の郊外だが、まとまった集落の中にあり、小規模ながら商店街も形成されていた。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1930年4月22日
開業。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ