新見

にいみ Niimi
新見駅
▲新見駅前通り《1994年2月23日撮影》

 

伯備線の中核駅で、谷間に設けられた広い構内を跨線橋が結んでいる。駅舎の屋根は場所によって高くなったり低くなったりしており、左右のアンバランスさに愛嬌がある。

駅前は道路が一本ずっとのびており、両側に駅前旅館が並ぶさまは、地方都市の玄関口として古典的な風景として貴重だ。

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1928年10月25日
開業。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ