尾関山

おぜきやま
Ozekiyama
尾関山駅
▲尾関山駅駅舎《1994年2月25日撮影》

片面ホームのみの無人駅だが、ホームは島式仕様となっており交換設備の設置も想定していたようだ。駅舎はごく簡素なプレハブのもの。駅前広場は広々としている――というよりは、写真のとおり駅がポツンと寂しげに置かれているという雰囲気だ。駅近くの商店で近距離きっぷを委託発売している。

周辺には民家や学校、官公庁などが多く、三次市の郊外として人の行き来は多いが、三江線の列車本数を考慮すると手軽に使うというわけにはいかず、むしろ三次駅へと頻繁に走っているバスのほうがずっと使いやすい。

駅の裏側には江川がとうとうと流れている。また写真右側に見える木々は、桜やつつじの名所として名高く駅名にもなっている尾関山公園で、駅の脇にコース案内図が立っていた。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

周辺の見どころ

確認中。

【三江線】 江津江津本町千金川平川戸田津石見川越鹿賀因原石見川本木路原乙原石見簗瀬明塚粕淵浜原沢谷石見松原石見都賀宇都井伊賀和志口羽江平作木口香淀式敷信木所木船佐長谷粟屋尾関山三次

2003年10月20日

▲ このページの先頭へ ▲