造船所と漁港が目の前に

函館どつく前

はこだてどっくまえ Hakodatedockmae
函館どつく前駅
▲函館どつく前駅《2016年4月24日撮影》

安全地帯は非常に狭く

函館どつく前電停に停車中の電車
【写真1】函館どつく前電停に停車中の電車。《1993年9月28日撮影》

湯の川方面から見て終点にあたるうちの北側の電停です。名称は文字どおり、函館どつく函館造船所の最寄り電停であることに由来し、表記も会社の名称にあわせて「どっく」ではなく「どく」という表記です。

非常に狭い安全地帯が道路の中央にあり、さらに狭さを強調するような上屋が設けられています。

電停部分は単線

函館どつく間電停から十字街方面を望む
【写真2】函館どつく間電停から十字街方面を望む。《2016年4月24日撮影》

電停部分は単線になっており、電停に入る直前のところで線路が合流します。

駅名の由来

本文を参照のこと。

歴史

確認中。

周辺の見どころ

旧ロシア領事館

駅から南へ、徒歩15分。コメント準備中。

このページの先頭へ