傾斜地上に立派な駅舎が残る

仁山

にやま Niyama
仁山駅
▲仁山駅駅舎《2016年4月23日撮影》

勾配の先に駅が

仁山駅に停車中の下りディーゼルカー
【写真1】仁山駅に停車中の下りディーゼルカー。《2016年4月23日撮影》

新函館北斗を出た函館本線の列車は、灌木の中をうねうねと進んでいき、勾配がきつくなってきたところで、仁山駅に到着します。相対式ホーム2面2線から成る交換可能駅です。

国鉄時代は臨時乗降場と表記

仁山駅下りホーム(奥は函館方)
【写真2】仁山駅下りホーム(奥は函館方)。《2016年4月23日撮影》

もともと信号場としてスタートしたものの、例によって客扱いを行っていました。ただし、国鉄時代から時刻表に「臨時乗降場」と表記されてその存在が認知されるなど、停車場未満の存在ながら、他の仮乗降場とは違ってなかなか立派な存在感を見せており、異色の存在だったといえます。もちろん「臨時」とは名ばかりで、列車は毎日停車していました。

上りホーム脇にはお手製のモニュメント

仁山駅に停車中の上りディーゼルカー
【写真3】仁山駅に停車中の上りディーゼルカー。《2016年4月23日撮影》

駅の周辺には灌木や笹藪が広がっていますが、東側にある上りホームの脇には、古タイヤで作られた、「歓迎仁山駅」と書かれていたいと思われるモニュメントがありました。かつて、信号場に勤務していた駅員の手作りによるものでしょうか。もっとも、時代とともに古びて、今では一部が崩れていましたが。

ホームを延長した痕跡が

仁山駅構内踏切
【写真4】仁山駅構内踏切。《2016年4月23日撮影》

2つのホームの間は構内踏切で連絡していますが、おおむね構内踏切を挟んで、下りホームの函館方、および上りホームの旭川方は、いずれも石積みの古いホームになっている一方、その反対側は、いずれも簡素な作りになっています。かつては信号場として最低限の設備だったものの、その後客扱いをするようになってホームを延伸したものと思われます。もっとも現在では、長編成の列車が停車することは期待できませんが。

かつてのスイッチバックが残る

函館方の線路分岐
【写真5】函館方の線路分岐。右側奥へと待避線が伸びているのが見えます。《2016年4月23日撮影》

仁山駅の旭川方はかなりの勾配になっていることもあって、駅の函館方には、札幌方へ向かう加速線を備えた、いわゆる戦時型スイッチバック設備が残っています。現在では、貨物列車も含めて定期列車が使うことはなくなっていますが、2016年4月に現地を見たところでは、線路も信号も生きているようでした。

ホームからも急勾配がうかがえます

駅ホームの端から旭川方を望む
【写真6】駅ホームの端から旭川方を望む。《2016年4月23日撮影》

ホームの函館方の端から旭川方を望むと、相当な急勾配になっていることがわかります。長大編成の蒸気機関車牽引列車では、下り線に停車して発車するのは確かに厳しかったのでしょう。

駅舎はホームより高いところに

下りホームから駅舎を望む
【写真7】下りホームから駅舎を望む。《2016年4月23日撮影》

駅舎はホームから少し高いところに位置しているため、坂道を少し上ることになります。北海道の小規模駅では未舗装で土だけという通路も多く見られますが、ここはきちんと舗装されていました。

駅舎はなかなかの年期物

下りホームから駅舎を正面に見る
【写真8】下りホームから駅舎を正面に見る。《2016年4月23日撮影》

駅舎は、駅事務室と待合室をL字型につないだ形状になっており、壁面や窓枠などは新建材で補修されているものの、かなり年期の入ったものがそのまま使われています。

駅員の通路跡が残ります

かつて駅員が通ったと思われる通路跡
【写真9】かつて駅員が通ったと思われる通路跡。《2016年4月23日撮影》

駅事務室の扉正面には、かつて通票を持った駅員や信号扱いをする駅員が通ったと思われる通路跡がありましたが、ホーム側の足場は崩れており、ロープで通れなくなっていました。そう古いようにもみえない鉄パイプの柵が伸びていることから、函館本線が1984年にCTC化されるころまで使われていたものと思われます。

事務室内は整然と

駅事務室内を窓の外から見る
【写真10】駅事務室内を窓の外から見る。《2016年4月23日撮影》

駅事務室へ出入りする扉や窓は当然施錠されていましたが、カーテンなどはしまっていないため中をのぞいてみたところ、意外にも丁寧に整頓されていました。事務机の上などは何もありませんでしたが、壁面の掲示など、まるで有人駅だった当時のままで時代が止まっているような感覚になりました。現在では、保線要員または冬季の除雪要員の詰所などとして利用されているのでしょうか。

かつての窓口は板でふさがれ

仁山駅待合室内窓口跡
【写真11】仁山駅待合室内窓口跡。《2016年4月23日撮影》

待合室内はかなりゆったりしています。かつては信号場ながら当駅発行の乗車券類も販売されていたといいますが、窓口部分は板でふさがれています。出入口には、現在も木の扉が使われています。

壁面には据え付け式ベンチ

仁山駅待合室ベンチ
【写真12】仁山駅待合室ベンチ。《2016年4月23日撮影》

待合室内の壁面には、据え付け式の木製ベンチが設置されていました。有人駅時代にはストーブが設置されていた様子が、天井近くにある換気口からうかがえますが、現在では撤去されています。駅舎は年期物ながら、格天井と明るめの壁材もあって、暗さを感じさせません。

駅舎の出入口にも貫禄が

仁山駅駅舎入口
【写真13】仁山駅駅舎入口。《2016年4月23日撮影》

駅舎の出入口には小さな合掌があり、そこに駅名が掲示されていますが、比較的最近まで「仁山信号場」の掲示があったとのことです。

かつては事務所側へ直接出入りできる扉があったようですが、現在はこちらも板でふさがれており、ホーム側からのみ出入りできるようになっています。

駅前道路はなかば未舗装

仁山駅駅前
【写真14】仁山駅駅前。《2016年4月23日撮影》

駅前にはほとんど未舗装に近い道路が1本伸びています。駅直近の民家はあまり多くありませんが、函館方に下るとまとまった集落があります。駅近くにはスキー場があり、このほか温泉もあるとのことですが、営業状態は確認できませんでした。

駅舎の脇には、かつてこの駅が移転した際に、駅へのアプローチとなる用地を提供した人への謝意を示す顕彰碑がありました。もっともこの石碑はJR北海道が発足した後のもので、史料的な価値のあるものではありませんが。

停車列車 [2016年3月現在]

普通列車のみが停車します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

前身は1936年9月に開設された仁山信号場で、1943年には旅客扱いを開始、時刻表等の案内では「臨時乗降場」(通年営業)と位置づけられていました。加速線が設置されたのは戦時中のことです。

長らく信号場(臨時乗降場)としての営業が続きましたが、分割民営化の際に駅に昇格しました。

1936年9月15日
函館本線の本郷(現、新函館北斗)-軍川(現、大沼)間に、仁山信号場開設。
1943年
旅客取扱い開始。
1944年
信号場および駅本屋移転[1]
1987年3月31日
停車場に昇格、駅として正式に開業。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

  1. 駅舎脇にある顕彰碑の記述による(2016年4月23日確認)。

このページの先頭へ