柵で内外を仕切る跨線橋が残る

大中山

おおなかやま Onakayama
大中山駅
▲大中山駅駅舎《2016年1月9日撮影》

相対式ホーム2面2線

大中山駅に停車中の大沼方面行きディーゼルカー
【写真1】大中山駅に停車中の大沼方面行きディーゼルカー。《2016年1月9日撮影》

相対式ホーム2面2線から成る駅で、駅本屋は上りホーム側、すなわち駅の東側に設けられています。

構成は桔梗駅と類似

大中山駅を通過中の下り貨物列車
【写真2】大中山駅を通過中の下り貨物列車。《2016年1月9日撮影》

上下ホームの間は跨線橋で連絡しています。これは隣接する桔梗駅と似ていますが、周囲の風景はだいぶのどかなものになっており、乗降客もこちらはかなり少なくなっている印象です。また、桔梗駅では上下線の間が空いており中線の存在をうかがわせますが、ここ大中山駅では両線の間にはスペースはありません。

跨線橋の中には柵が

大中山駅跨線橋内
【写真3】大中山駅跨線橋内。左側は駅の外側を結び、右側はホーム相互を結んでいます。《2016年1月9日撮影》

跨線橋の中には柵が通っており、内側と外側を分けています。内側は、両方のホームをそれぞれ結んでおり、東側では上りホームに出られます。いっぽう外側は、駅舎の北側(改札外)と駅西口を結んでいます。もともと大中山駅が有人駅だった当時、駅の跨線橋と東西自由通路をひとつの橋で担う目的があり、こうなったものと思われます。大中山駅が無人になっている今では、この仕切り柵は邪魔者そのものではありますが、これだけを撤去するのも費用がかかるので、このままになっているのでしょう。なお、駅の西側のみ、この柵は切れています。

シンプルな駅舎に

大中山駅駅舎内
【写真4】大中山駅駅舎内。《2016年1月9日撮影》

駅舎は無人駅仕様のシンプルなものですが、比較的大柄なもので、木目調を見せることで暖かみを醸し出すデザインになっています。

内部の設備は、椅子と券売機、それに構内案内図程度です。待合室スペースのベンチは壁面据え付けのもので、数人が駅舎内に入ると窮屈な感じになりそうです。また、室内にトイレが設けられています。出入りは一重の引き戸式でした。

比較的最近まで、木造の古い駅舎が残っていましたが、私が訪れたときにはその痕跡は何も見当たりませんでした。

駅前からは道路がまっすぐ

大中山駅駅前
【写真5】大中山駅駅前。《2016年1月9日撮影》

駅前には特に広場のようなものはなく、そのまま道路がまっすぐ延びており、その両側に民家が並んでいます。この駅前道路を進むと国道5号線が通っており、それを渡ると中学校があります。また国道沿いには店舗が多く建っていますが、ロードサイド型というよりは地元利用者が多そうな店が目立つ印象です。

駅本屋の反対側にも出られます

大中山駅西口
【写真6】大中山駅西口。《2016年1月9日撮影》

一方、下りホームからは駅の西側に直接出ることができます。【写真3】の跨線橋はここで駅内側、駅外側にどちらでも出入りできるようになっています。下りホームから階段を数段降りると、すぐに道路になり、向かいには工場が建っています。

停車列車

確認中。

乗り場

東側(駅本屋側)から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.函館本線上り 函館方面
  • 2.函館本線下り 森、長万部方面

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1946年12月1日
函館本線の桔梗-七飯間に、大中山仮乗降場(局設定)設置。
1950年1月15日
停車場に昇格、駅として正式に開業。当初から旅客のみの取扱いでした。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ