川に挟まれた集落の北側に

利別

としべつ Toshibetsu
利別駅
▲利別駅駅舎《2003年10月24日撮影》

島式ホームから構内踏切へ

利別駅に停車中のキハ40系ディーゼルカー
【写真1】利別駅に停車中のキハ40系ディーゼルカー。《2003年10月24日撮影》

利別の町は十勝川と利別川に挟まれた場所に開かれており、その玄関にあたるのが利別駅です。

島式ホーム1面2線から成り、ホームからは切り欠け式の階段を降りて、南側の下り線を構内踏切で横切って駅本屋へ向かいます。

有人駅時代の面影が残る

利別駅待合室
【写真2】無人ながら明るい待合室。《2003年10月24日撮影》

駅舎は鉄筋の大きいもので比較的新しく、無人化されてはいますが、出札や手小荷物の窓口の痕跡が残っていました。

利別の町は池田町の中心街とは別の市街地を形成していますが、駅はその北の端に位置しており、周囲は住宅地になっています。駅の近くにはユースホステルがあります。

停車列車

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1904年12月15日
北海道官設鉄道によって利別-豊頃間が開業し、利別駅開業。
1905年4月1日
北海道官設鉄道が官設鉄道(逓信省鉄道作業局)に継承されます。
1905年10月21日
官設鉄道(逓信省鉄道作業局)によって帯広-利別間が開業し、中間駅となります。
1967年9月30日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1967年11月1日
駅移転(滝川方に0.6km移動)。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ