かわいい待合室がシンプルなホームのかたわらに

知来乙

ちらいおつ Chiraiotsu
知来乙駅
▲知来乙駅《2003年10月26日撮影》

この駅もホームはシンプル

知来乙駅ホーム
【写真1】知来乙駅ホーム。正面は新十津川方面。《2003年10月26日撮影》

水田や畑、ビニルハウスなどが広がっている中に設けられている駅です。ホームは当然片面のみですが、線路の分岐や側線などは最初からなかったようで、純然たる棒線駅です。月ヶ丘と同様、サイドボードの上をコンクリートで舗装し、周囲の柵を鉄パイプで組んでいるという、シンプルなものです。

小さくて古い待合室がちょこんと

知来乙駅待合室
【写真2】知来乙駅待合室。ホームからは少し離れています。《2003年10月26日撮影》

ホームから少し離れたところ、道路脇に交番のような小さな待合室が設けられています。かなりの年季物のようですが、外装は新建材を用いて改修されており明るく、また内部もきれいに利用されており、好感が持てます。

民家は散らばって存在

知来乙駅前
【写真3】知来乙駅前。田畑が広がっています。《2003年10月26日撮影》

駅のすぐ脇を通る道路沿いに民家が並んでおり、国道沿いの月ヶ丘に比べてはるかに人の気配が感じられます。ただし民家はばらけており、集落と呼べる状態にはなっていません。

国道に出て札幌方面に行くと、篠津囚人墓地があります。北海道開拓期における鉄道や道路などの建設の影にあるものを思い起こさずにはいられません。

駅名の由来

確認中。

歴史

開業は1958年と比較的遅く、営業開始当初から旅客のみの扱いでした。

1958年7月1日
国鉄札沼線の月ヶ丘-石狩月形間に、知来乙駅開業(月ヶ丘間も同日開業)。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ