いささか物々しさのある高架駅

八軒

はちけん Hachiken
八軒駅
▲八軒駅駅舎《2003年10月26日撮影》

鉄骨の仰々しさが気になります

八軒駅ホーム
【写真1】八軒駅ホーム。《2003年10月26日撮影》

住宅地の中にある高架駅で、札沼線の近郊路線化に伴ってJR化後に設置された駅です。開業当初は狭い島式ホーム1面2線に構内踏切を持つだけの無人駅でしたが、札沼線高架化によって大きく変貌を遂げました。

相対式ホーム2面2線を備えていますが、上下ホームの上にわたされた鉄骨が、いささかものものしい雰囲気を醸し出しています。

コンコースは温かいカラーリングで

八軒駅改札口
【写真2】八軒駅改札口。《2003年10月26日撮影》

一方、コンコースや階段などは、アイボリーをベースとした温かいカラーリングとなっており、無機質な雰囲気の濃いホームと対照的です。

乗り場

東側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.札沼線上り 桑園、札幌方面
  • 2.札沼線下り あいの里教育大、石狩当別方面

駅名の由来

確認中。

歴史

JR化後に設置された駅です。

1988年11月3日
JR北海道・札沼線の桑園-新川間に、八軒駅開業。
1996年6月23日
高架化[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. 『北国の走者II』(鉄道ピクトリアル2007年6月号別冊)電気車研究会、85ページ。

このページの先頭へ