列車の本数が多いのはここまで

北海道医療大学

ほっかいどういりょうだいがく Hokkaidoiryodaigaku
北海道医療大学前駅
▲北海道医療大学駅駅舎《2003年10月27日撮影》

折り返し列車専用ホームがあります

北海道医療大学駅ホーム(2番ホーム)
【写真1】折り返し列車用の行き止まりホーム(2番ホーム)。《2003年10月27日撮影》

東日本学園大学(現、北海道医療大学)の開学に伴って設けられた駅で、学生、大学関係者および大学付属病院通院者の利用が中心となっています。

札沼線の利用者数はこの北海道医療大学駅を境に大きく分かれています。札沼線における交通系ICカード対応駅の北限で、利用者の増加に伴って行われた札沼線の電化区間もここ北海道医療大学までとなっており、札幌方面からの電車はこの駅で折り返しとなります。このため、新十津川方面へ向かうホームとは別に、折り返し列車専用のホームが設けられています。

新十津川方面へは直通するホーム

北海道医療大学駅ホーム(1番ホーム)
【写真2】新十津川方面に直通する列車用の1番ホーム。手前側が新十津川方。《2003年10月27日撮影》

ただし当駅自体は運転系統上の拠点になっているわけではなく、新十津川方面へ向かうディーゼルカーは石狩当別へ乗り入れるため、石狩当別-北海道医療大学間は、電車とディーゼルカーが混在する区間になっています。ディーゼルカーはワンマン運転となり、南側(国道275号線側)のホームに入ります。

駅舎の中はがらんどう

北海道医療大学駅駅舎内
【写真3】北海道医療大学駅駅舎内。《2003年10月27日撮影》

派手なペインティングが目を引く駅舎が建っていますが、列車を降りてからは大学へまっすぐ向かう通路が駅舎と別に設けられていることもあって、駅の中はがらんとしています。

駅周辺には大学以外にはほとんど何もなく、数戸の農家が建っているのみで、学生街のようなものは形成されていません。ホームの目の前は、これ以北で札沼線がずっと平行することになる国道275号線が走っていますが、駅から国道へのアクセス手段は見当たりませんでした。

乗り場

南側(駅本屋と反対側)から順に、1番線、2番線となります。基本的に、1番線は石狩当別以北にのみ運転されるディーゼルカーが、2番線は当駅以南にのみ運転される電車が発着します。

  • 1.札沼線下り 石狩月形、新十津川方面/札沼線上り 石狩当別方面
  • 2.札沼線上り 石狩当別、札幌方面

駅名の由来

特記事項なし。

歴史

1981年12月に国鉄北海道総局設定の仮乗降場として開業し、翌1982年4月に駅に格上げされました。当初の駅名は「大学前」でしたが、1995年3月に現在の駅名に変更されています。駅名変更前は、近くにあるあいの里教育大駅と混同しやすい名称でした。

1981年12月1日
国鉄札沼線の石狩当別-石狩金沢間に、「大学前」仮乗降場(北海道総局設定)設置。
1982年4月1日
駅に昇格。旅客のみの取扱いでした。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。
1995年3月16日
駅名を「北海道医療大学」に変更。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ