近くの集落には廃屋も

石狩金沢

いしかりかなざわ Ishikarikanazawa
石狩金沢駅
▲石狩金沢駅駅舎《2003年10月27日撮影》

かつては島式ホームでした

石狩金沢駅ホーム
【写真1】石狩金沢駅ホーム。《2003年10月27日撮影》

北海道医療大学駅から北側では、ずっと国道275号線に並行して進んでいきます。この国道の通行量は非常に多いのですが、札沼線の利用状況ははかばかしいものではなく、2016年1月現在で北海道医療大学以北での列車の運行は下り8本上り7本と、それ以南に比較して激減しています。その区間に入って最初の駅が、石狩金沢です。

現在では単式化されていますが、ホームおよび前後の線路の形状から、かつては島式ホームだったことがわかります。ホームの桑園方にあるスロープから北側方面に出口があり、ここに貨物用車掌車改造の駅舎が置かれています。車掌車改造駅舎はこの石狩金沢に続いて本中小屋、中小屋の各駅にも置かれており、3駅続いて同様の駅舎が並んでいます。なお、当駅の駅舎内にはストーブが設置されていましたが、内部はくもの巣がひどく、中で休める状態ではありませんでした。

駅前には工場や廃屋が

石狩金沢駅駅前
【写真2】石狩金沢駅駅前。《2003年10月27日撮影》

国道275号線が目の前を走っていますが、ホームは国道と反対側にあるうえ、駅周辺には踏切がないためアクセスできません。駅前には工場がある一方で廃屋もあり、駅の近くには廃校となった小学校の旧校舎がそのまま残っています。真新しい民家もあるが、夜間にここで過ごすのはやや怖いものがありました。

このあたりから路盤の状態が目に見えて悪くなり、列車の速度が落ちるほか揺れも大きくなっていきます。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1935年10月3日
国有鉄道(鉄道省)札沼線の石狩当別-浦臼間が開業した際、石狩金沢駅開業。
1944年7月21日
不要不急路線として、札沼線の石狩当別-石狩月形間が営業休止。
1946年12月10日
営業再開。
1979年1月31日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ