ボロボロの小屋のような待合室がちょこんと建つのみ

南下徳富

みなみしもとっぷ Minamishimotoppu
南下徳富駅
▲南下徳富駅《2003年10月26日撮影》

ホームは板張り

南下徳富駅ホーム(奥は桑園方)
【写真1】南下徳富駅ホーム(奥は桑園方)。《2003年10月26日撮影》

組み合わされた鉄骨上に木の板がわたされたホームに、天露はしのげるものの防寒性能については心もとない、ごく簡素な待合室があるのみの無人駅です。

延長部分のホームは少ししっかりと

南下徳富駅ホーム(奥は新十津川方)
【写真2】南下徳富駅ホーム(奥は新十津川方)。板張り部分は1両ぶんもありません。《2003年10月26日撮影》

当初のホームはごく短いもので、ディーゼルカー1両ぶんにも満たないものですが、少し長くなるように延長されており、この部分は舗装されており、またホーム柵も設けられています。

待合室の内部は傾いています

南下徳富駅待合室内部
【写真3】南下徳富駅待合室内部。《2003年10月26日撮影》

待合室の中には簡素なベンチが置かれていますが、床は大きく傾いており、数人が入るとそのままズブズブと沈んでしまいそうです。

周囲には水田が広がっており集落の体をなしていませんが、隣接する於札内とは異なり舗装道路に面しています。また周辺の水田は比較的形状もよく、このあたりになってやっと肥沃な土地が広がってきた感じがします。

駅名の由来

確認中。

歴史

開業は1956年と比較的遅く、営業開始当初から旅客のみの扱いでした。

1956年11月16日
国鉄札沼線の南下徳富-下徳富間に、南下徳富駅開業(鶴沼駅も同日開業)。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ