駅前にはだだっ広い空き地が

中小屋

なかごや Nakagoya
中小屋駅
▲中小屋駅駅舎《2003年10月26日撮影》

ホーム脇には短い側線も

中小屋駅ホーム
【写真1】中小屋駅ホーム。《2003年10月26日撮影》

本中小屋と同様の貨車の待合室を持つ無人駅ですが、国道から少し奥に入っており、ややわかりにくくなっています。ホーム周辺は草むしており、すっきりしている本中小屋に比べると雑然としています。ホームは1面1線のみですが、桑園方から短い側線が伸びています。

駅周辺には小集落が

中小屋駅ホームから駅前を望む
【写真2】中小屋駅ホームから駅前を望む。《2003年10月26日撮影》

駅周辺は過疎化が激しく、離農地が非常に多く目立ち廃屋も多く目立ちます。それでも、駅前には数戸の商店があり、本中小屋とは異なり一応は集落の体を成しています。

駅名の由来

中小屋の地名は、周辺道路の整備を行っていた樺戸集置監の受刑者を収容するために設けられた小屋の中間点に位置することに由来します[1]

歴史

詳細は確認中。

1935年10月3日
国有鉄道(鉄道省)札沼線の石狩当別-浦臼間が開業した際、本中小屋駅開業。
1944年7月21日
不要不急路線として、札沼線の石狩当別-石狩月形間が営業休止。
1946年12月10日
営業再開。
1972年4月14日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

  1. 『国鉄全駅各駅停車1 北海道690駅』小学館、1983年、67ページ。

このページの先頭へ