広い農地の中にポツンと浮かぶ小さな駅

於札内

おさつない Osatsunai
於札内駅
▲於札内駅《2003年10月26日撮影》

駅の脇には細い未舗装道路

於札内駅ホーム
【写真1】於札内駅ホーム。《2003年10月26日撮影》

水田の中にポツンと取り残されたように存在する駅で、コンクリートボードを組み合わせた簡素なホームにプレハブの待合室があるのみです。待合室の出入口上には古い駅名標があり、下半分が真っ赤に錆びていました。

駅の脇には、5万分の1地形図には書かれていないダートが走っているのみで、国道からは遠く離れています。

駅周辺には水田と畑が混在しています。

駅名の由来

確認中。

歴史

仮乗降場として設置され、国鉄の分割民営化に際して正規の駅に昇格しました。

1981年12月1日
国鉄札沼線の鶴沼-南下徳富間に、「於札内」仮乗降場(局設定)設置。
1987年3月31日
正規の駅に昇格。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。
1990年3月10日
営業キロ設定。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ