北海道らしい農業倉庫が控える

晩生内

おそきない Osokinai
晩生内駅
▲晩生内駅駅舎《2003年10月27日撮影》

札比内駅とよく似た駅舎

晩生内駅駅舎をホーム側から望む
【写真1】晩生内駅駅舎をホーム側から望む。《2003年10月27日撮影》

国道275号線とは反対側の晩生内集落側に設けられている駅です。

駅舎は、左右反対になってはいるものの札比内とよく似ており、やはり元はかなり大きいものだったものと思われます。これまた札比内と同様、ホームと駅舎の間にスペースがあり、かつては島式ホームだったのでしょうか。

大きな農業倉庫が

晩生内駅ホーム(左奥は桑園方)
【写真2】晩生内駅ホーム(左奥は桑園方)。《2003年10月27日撮影》

ホームに立つと、大きな農業倉庫が並んでいるのが見えます。周辺はあまり肥沃な土地には見えませんが、比較的規模の大きい畑作農業が行われているようです。

駅前は小市街に

【写真3】晩生内駅駅前。《2003年10月27日撮影》

駅では簡易委託が行われており、短距離のマルス券を常備していました。

駅周辺は小市街となっているほか、国道側にまわるとコンビニエンスストアが立地していました。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1935年10月3日
国有鉄道(鉄道省)札沼線の石狩当別-浦臼間が開業した際、札比内駅開業。
1943年10月1日
不要不急路線として、札沼線の石狩月形-石狩追分(現在は当該区間廃止)間が営業休止。
1946年12月10日
営業再開。
1979年1月31日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ