駅舎は小さくなったが駅前通りは健在

札比内

さっぴない Sappinai
札比内駅
▲札比内駅駅舎《2003年10月26日撮影》

かつては島式ホームだったようです

札比内駅ホーム(奥は桑園方)
【写真1】札比内駅ホーム(奥は桑園方)。《2003年10月26日撮影》

林の中を切り通しで抜けて、いったん離れていた国道275号線に再び沿うようになると、ほどなく札比内駅になります。

島式ホームだった名残があり、以前は列車交換が可能だった痕跡を残しています。

駅舎内はこぎれいに

札比内駅駅舎内
【写真2】札比内駅駅舎内。《2003年10月26日撮影》

木造の小さな駅舎で、周囲にある民家などに比べると貧弱な印象を与えますが、もとはもっと大きなものを一部切り取ったものと推測されます。

駅の中には大きな木のベンチがあるほか、年季の入った出札窓口がありきれいに清掃されていて、ゆったりとくつろげるようになっています。駅正面にある薬屋が簡易委託として受託しているようですが、私がこの駅から乗ったときには人の気配はありませんでした。

駅前には商店などが立地

札比内駅駅前
【写真3】札比内駅駅前。《2003年10月26日撮影》

駅は国道275号線から少し奥まったところにありますが、国道沿いにはいくつかの商店や郵便局などがあり、食料などを調達できるポイントになっています。また駅の脇にはきれいな公衆トイレがあります。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1935年10月3日
国有鉄道(鉄道省)札沼線の石狩当別-浦臼間が開業した際、札比内駅開業。
1943年10月1日
不要不急路線として、札沼線の石狩月形-石狩追分(現在は当該区間廃止)間が営業休止。
1946年12月10日
営業再開。
1979年1月31日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ