簡素なホームと簡素な待合室が荒れ地の中に

札的

さってき Satteki
札的駅
▲札的駅《2003年10月27日撮影》

ホームはごく簡素なもの

札的駅ホーム(奥は桑園方)
【写真1】札的駅ホーム(奥は桑園方)。《2003年10月27日撮影》

防風林と、民家や倉庫が並んだところにひっそりと設置されている、片面ホームに待合室があるのみの駅です。ホームはサイドボード上をコンクリート舗装し、鉄パイプで柵を設けた簡易なものになっています。

待合室内には小さなベンチが

札的駅待合室内
【写真2】札的駅待合室内。《2003年10月27日撮影》

待合室は、ホームから渡り板で結ばれている木造モルタルのコンパクトなものです。待合室内には小さなベンチがあるほか、内部にトイレが設けられていました。

出入口はコンクリートの階段

札的駅出入口
【写真3】札的駅出入口。《2003年10月27日撮影》

駅への出入口はコンクリートの階段になっており、その脇には駐輪場があります。

駅前にはシャッターを下ろした店舗が

札的駅駅前
【写真4】札的駅駅前。《2003年10月27日撮影》

周辺の集落にはあまり活気はなく、シャッターを下ろした店舗跡と思われる施設などが目立ちます。少なくとも駅直近に限っては土地もやや荒れているのか、あまり農業が盛んな風にも見えませんでした。

駅名の由来

確認中。

歴史

開業は1960年と比較的遅く、営業開始当初から旅客のみの扱いでした。

1960年9月1日
国鉄札沼線の晩生内-浦臼間に、札的駅開業。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ