コンパクト化されていない木造駅舎ががんばる

下徳富

しもとっぷ Shimotoppu
下徳富駅
▲下徳富駅駅舎《2003年10月26日撮影》

左右が開けた中に駅が

下徳富駅に停車中にディーゼルカー(奥は新十津川方)
【写真1】下徳富駅に停車中にディーゼルカー(奥は新十津川方)。《2003年10月26日撮影》

左右が開けた中に、砂利敷きの片面ホームにしっかりした駅舎が残っている駅です。

駅舎はオリジナルサイズで

下徳富駅ホームから駅本屋を望む
【写真2】下徳富駅ホームから駅本屋を望む。《2003年10月26日撮影》

もとは交換可能だったものと思われ、側線も残っています。

この周辺では、古い駅舎があっても小さく切り取られているところが多いのですが(札比内、晩生内、新十津川など)、この下徳富はオリジナルのサイズの木造駅舎がそのまま残っており、札沼線の中では貴重な存在といえます。

有人駅時代の雰囲気が残る

下徳富駅駅舎内
【写真3】下徳富駅駅舎内。《2003年10月26日撮影》

駅舎の内部は、窓口部分はしっかりと板が打ち付けられているものの、全体として有人駅当時の雰囲気が今なお残っています。

駅近くには農業倉庫も

下徳富駅駅舎遠景
【写真4】下徳富駅駅舎遠景。《2003年10月26日撮影》

駅近くには農業倉庫なども残っており、以前は農産物の集散拠点だったと思われますが、現在の駅前は閑散としており、空き地ばかりが目立ちます。

駅周辺の人家は少なくなっています

下徳富駅駅前
【写真5】下徳富駅駅前。《2003年10月26日撮影》

駅周辺には人家は少なくなっていますが、数戸が残っています。国道沿いに「花月」という集落があり、こちらのほうに多くの民家が集まっています。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1934年10月10日
国有鉄道(鉄道省)札沼北線の浦臼-中徳富(現、新十津川)間が開業した際、下徳富駅開業。
1943年10月1日
不要不急路線として、札沼線の石狩月形-石狩追分(現在は当該区間廃止)間が営業休止。
1953年11月3日
営業再開。
1979年1月31日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ