ゆったりした高架下コンコースが印象的

新川

しんかわ Shinkawa
新川駅
▲新川駅《2003年10月26日撮影》

かつては地平の棒線駅でした

新川駅出入口
【写真1】新川駅出入口。《2003年10月26日撮影》

住宅地の中にある高架駅です。国鉄末期に臨時乗降場として設置された駅ですが、当初は地平の片面ホームに駅舎が設けられているのみの、シンプルな無人駅でした。この駅も利用者の増加に伴って駅員が配置されるようになり、さらに高架化によって大きく変わりました。

コンコースはゆったりとしています

新川駅コンコース
【写真2】新川駅コンコース。《2003年10月26日撮影》

高架下に設けられたコンコースの天井はゆったりと高く開放感があり、心地よい。その一方で、窓口の営業時間帯以外は、エスカレータを停止してしまうのはいかがなものでしょうか。また私が下車したときにはトイレが封鎖されていましたが、これも疑問が残ります。

乗り場

東側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.札沼線上り 桑園、札幌方面
  • 2.札沼線下り あいの里教育大、石狩当別方面

駅名の由来

確認中。

歴史

国鉄最末期に設置された駅です。

1986年11月1日
国鉄札沼線の桑園-新琴似間に、臨時乗降場として開業(通年営業)。
1987年3月31日
臨時乗降場から常設駅へ昇格。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。
1991年12月25日
駅員配置[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. 『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』小学館、1993年、68ページ。

このページの先頭へ