狭いスペースに何とかつくった感じの駅

太平

たいへい Taihei
太平駅
▲太平駅下り線出入口《2003年10月26日撮影》

この駅から地平に下ります

太平駅上り線出入口
【写真1】太平駅上り線出入口。《2013年10月26日撮影》

新琴似の先で、それまで高架を走ってきた札沼線は地平へと下ります。

太平は、住宅地の真ん中にある、相対式ホーム2面2線を持つ地上駅。簡素な改札口が両ホームに設けられているのみの無人駅ですが、ホームには付近の小学校の児童がつくった造花が飾られており、見た目がなごみます。

下りホームの改札口は、跨線橋の出入口に併設された形になっており、それなりのスペースを確保できています。一方、上りホームの改札口は、ホームを無理に削って設けたような急造のものです。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

国鉄最末期に設置された駅です。

1986年11月1日
国鉄札沼線の新琴似-百合が原(当時、臨時乗降場)間に、臨時乗降場として開業(通年営業)。
1987年3月31日
臨時乗降場から常設駅へ昇格。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ