林の中に設けられたシンプルそのものの無人駅

豊ヶ岡

とよがおか Toyogaoka
豊ヶ岡駅
▲豊ヶ岡駅《2003年10月26日撮影》

林の中に片面ホーム

豊ヶ岡駅ホーム(正面は新十津川方)
【写真1】豊ヶ岡駅ホーム(正面は新十津川方)。かなりの急傾斜上にあります。《2003年10月26日撮影》

片面ホームが置かれているのみの駅です。駅はうっそうとした林の中にありますが、駅周辺は背丈の低い疎林になっており、暗くはありません。

沢のせせらぎが耳に入ります

豊ヶ岡駅ホーム(正面は桑園方)
【写真2】豊ヶ岡駅ホーム(正面は桑園方)。《2003年10月26日撮影》

ホームに立つと、かなりの傾斜になっていることがわかります。自動車が通る道路から離れていることもあり、沢を流れる水の音が耳に入ってきますが、季節によっては虫がかなり多そうな立地でもあります。石狩平野の端になると、こんなところもあるのか、と思う光景です。

古い待合室があります

豊ヶ岡駅待合室
【写真3】豊ヶ岡駅待合室。かなり痛んでいるが風雨は十分しのぐことができる。表札がどことなくユーモラス。《2003年10月26日撮影》

駅直近を横断しているダートに面して木造の非常に古い待合室があるのみで、駅直近には人家は皆無です。

待合室の中はきれい

豊ヶ岡駅待合室内部
【写真4】豊ヶ岡駅待合室内部。なお、置かれているバッグは私の物で、放置物件ではないので念のため。《2003年10月26日撮影》

この待合室は非常にきれいに使われているようで、ホウキとちり取りが備えられていました。ただしこの待合室に「チカン・変質者に注意!」と大書されており、用もないのに駅に降りてふらふら歩いているとあらぬ誤解を招きそうで、困ったものです。もっともそれ以前に、ごく少ない常用利用客しかいない駅周辺で待機する変質者などいるのだろうか、とも思いますが。

前述のダートを4分ほど歩くと、やっと舗装道路に出ます。周囲には鉄道林と荒れ地とが混在しています。国道に出るにはさらに1.5キロほど離れています。

駅名の由来

確認中。

歴史

開業は1960年と比較的遅く、営業開始当初から旅客のみの扱いでした。

1960年9月10日
国鉄札沼線の石狩月形-札比内間に、豊ヶ岡駅開業。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ