ログハウスがでんと存在感を誇示

月ヶ丘

つきがおか Tsukigaoka
月ヶ丘駅
▲月ヶ丘駅《2003年10月26日撮影》

まっすぐのホームのみ

月ヶ丘駅ホーム
【写真1】月ヶ岡駅ホーム。《2003年10月26日撮影》

防風林に沿う形で設けられている駅です。サイドボードを渡した上にコンクリート舗装されているホームが設けられていますが、上屋などはありません。

駅の脇に大きな休憩所が

月ヶ丘駅正面
【写真2】月ヶ岡駅の正面。広い駐車場の脇にある建物は、事実上待合室として活用されています。《2003年10月26日撮影》

駅舎は存在しませんが、駅に隣接している「月ヶ丘農村公園」に設けられている休憩所が、待合室として用いられています。木の雰囲気をよく出した真新しい建物ですが、冬季にはかなり冷え込みがきついものと思われます。夏期には生鮮野菜の販売が行われるようで「中和野菜即売所」の文字が見えます。この待合室には「宿泊禁止」と大書してありましたが、火を使われることへの警戒でしょう。国道に面しておりトイレがあるため、自動車でこの駅に立ち寄る人も多く、興味深げに何の変哲もない片面ホームをのぞいていく姿を見ることができます。

駅から見える範囲には人家はありませんが、やや離れたところに数戸が散在しています。周辺道路の交通量は多いので、何らかの開発が行われているのかもしれません。

駅名の由来

確認中。

歴史

開業は1958年と比較的遅く、営業開始当初から旅客のみの扱いでした。

1958年7月1日
国鉄札沼線の中小屋-知来乙間に、月ヶ岡駅開業(知来乙間も同日開業)。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ