メロン産地の駅舎は新しく

浦臼

うらうす Urausu
浦臼駅
▲浦臼駅旧駅舎《1996年3月7日撮影》

かつての駅弁販売駅には思えず

浦臼駅ホーム(奥は桑園方)
【写真1】浦臼駅ホーム(奥は桑園方)。当時は車掌が乗務していました。《1996年3月7日撮影》

最初に下車した1996年3月には簡素な木造駅舎がポツンと建っている無人駅で、狭い待合室に地元のお年寄りが多数滞在していました。単純な待合室というより、地域の社交場のような役割になっているように思えたものです。

その後駅舎は改築されて「ふれあいステーション」と命名された町営の待合室となり[1]、ホームへは待合室を通って、あるいはその脇から直接出入りする形になっています。

浦臼駅では、札沼線の新十津川以北がすでに廃止されていた1974年の時点でも、札沼線で唯一駅弁が販売されていました[2]が、無人の棒線駅となった現在、そんな面影はまったく感じられません。それでも乗降客はそれなりにおり、この浦臼で折り返す列車が多く設定されています。なお、この浦臼以北の運転本数は3往復となりますが、2016年3月のダイヤ改正ではわずか1往復になるとのことです[3]

石狩月形と同様、JRバスが駅前まで乗り入れていましたが、現在は廃止され、北海道中央バスなどが代替運行を行っています。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1934年10月10日
国有鉄道(鉄道省)札沼北線の浦臼-中徳富(現、新十津川)間が開業した際、浦臼駅開業。
1935年10月3日
札沼線の石狩当別-浦臼間が開業(札沼線全通)、中間駅となります。
1943年10月1日
不要不急路線として、札沼線の石狩月形-石狩追分(現在は当該区間廃止)間が営業休止。
1946年12月10日
石狩当別-浦臼間が営業再開。
1953年11月3日
浦臼-雨龍(現在は当該区間廃止)間が営業再開。
1979年1月31日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

  1. ふれあいステーション設置条例」浦臼町(2016年1月5日確認)。
  2. 『国鉄監修 交通公社の時刻表』No.584(1974年10月号)日本交通公社、326ページ。
  3. JR北海道プレスリリース「ご利用の少ない列車見直しのご説明状況について」[PDF](2015年11月27日)。

このページの先頭へ