当初から旅客のみを相手にしていました

南清水沢

みなみしみずさわ Minamishimizusawa
南清水沢駅
▲南清水沢駅駅舎《2003年10月25日撮影》

開業以来旅客営業のみ

南清水沢駅ホーム(奥は夕張方)
【写真1】南清水沢駅ホーム(奥は夕張方)。《2003年10月25日撮影》

1962年開業と、旧夕張線の中では新しい駅です。片面ホームに駅舎が伴う駅で、開業以来貨物営業のない純粋な旅客駅だったこともあり、比較的コンパクトにまとまっている印象を与えます。

駅舎の中はこざっぱりと

南清水沢駅駅舎をホーム側から望む
【写真2】南清水沢駅駅舎をホーム側から望む。《2003年10月25日撮影》

駅舎はそれなりの大きさを持つものの、窓口には使われている形跡があり、無人化されてほどないか、あるいは簡易委託と思われます。冒頭の写真のとおり、なぜか駅舎は傾いて見えます。

駅周辺にはそこそこの人家と商店があり、特ににぎわっているわけではありませんが、それなりの人出があります。駅の近くには学校(北海道夕張高校、市立夕張中学校等)があるため、平日の利用者はかなりあるようです。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

1962年12月25日
国鉄夕張線の沼ノ沢-清水沢間に、南清水沢駅開業。当初から旅客のみの取扱いでした。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ