駅舎の大半はレストランが占拠

沼ノ沢

ぬまのさわ Numanosawa
沼ノ沢駅
▲沼ノ沢駅駅舎《2003年10月25日撮影》

かつての栄華も今は昔

沼ノ沢駅ホーム(奥は新夕張方)
【写真1】沼ノ沢駅ホーム(奥は新夕張方)。《2003年10月25日撮影》

新夕張駅から北へと進んだ石勝線夕張支線を最初に出迎える集落の入口にある駅です。

もとは駅本屋前に片面ホーム、そして構内踏切で結ばれた島式ホームから成っていましたが[1]、現在は両ホームの間が埋められ、かつての島式ホームの外側のみが使われています。さらに、北炭真谷地炭鉱への入替線が多数敷設されていたほか、専用線が分岐していたスペースが東側に広がっています。同炭鉱の専用線を経由して石勝線最後の運炭列車が出入りしていましたが、これも1987年10月には廃止されました。

現在では、ホームは広いものの完全に草むしており、ディーゼルカー1両ぶんのスペースのみが踏みしかれているという状態で、そこから出口へと板が張られているという状態です。かつてのスペースを活用するどころか、現在の状態を維持するのもままならないといったありさまに感じられました。

駅舎の一部のみが待合室として残る

沼ノ沢駅駅舎をホーム側から望む
【写真2】沼ノ沢駅駅舎をホーム側から望む。《2003年10月25日撮影》

駅舎はコンクリートブロック造平屋建てです。もともとかなり大きいものだったようですが、現在は南側(新夕張方)のみが待合室として残されており、北側はレストラン「おーやま」として運営されています。このレストランは単に駅舎の一部を利用しているのみで、簡易委託などを行っているわけではないようです。

駅舎の北側には立派なトイレがありますが、これは駅の施設というわけではなさそうです。

駅前はゴーストタウン化

沼ノ沢駅前
【写真3】沼ノ沢駅前。《2003年10月25日撮影》

かつては北炭夕張新鉱をはじめとする大規模な炭鉱が多く立地しており、夕張市内の経済拠点の一つとなっていた沼ノ沢地区ですが、現在はそれらの炭鉱もすべて閉山となっており、観光地化はもちろん農業経営にも厳しい地域だけに、凋落が著しく見えます。

道路沿いにはちょっとした商店街が形成されていますが、私が訪れたときにはすべての店舗がシャッターを下ろしており、開店している気配がまったくない店も少なくありませんでした。

駅名の由来

確認中。

歴史

北海道炭礦鉄道の貨物駅として開業し、1910年8月に客扱いを開始しました。民営化後も貨物営業が行われましたが、北端真谷地鉱の閉山に伴い廃止されています。

1892年11月1日
北海道炭礦鉄道によって追分-紅葉山(現、新夕張)-夕張間が開業、この時点では駅非設置。
1905年11月15日
紅葉山-清水沢間に、貨物駅として沼ノ沢駅開業。
1906年10月1日
北海道炭礦鉄道が国有化され、官設鉄道(逓信省鉄道作業局)の駅となります。
1910年8月16日
旅客営業開始。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道およびJR貨物の駅となります。
1990年3月31日
この日かぎりで貨物営業廃止(実際の貨物列車の運行は1987年10月の北炭真谷地炭鉱閉山で終了)。

周辺の見どころ

確認中。

  1. 『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』小学館、1983年、97ページ。

このページの先頭へ