広大な敷地はすっかり草むして

鹿ノ谷

しかのたに Shikanotani
鹿ノ谷駅
▲鹿ノ谷駅駅舎《2003年10月25日撮影》

片面ホームのみに

鹿ノ谷駅を発車するディーゼルカー(奥は夕張方)
【写真1】鹿ノ谷駅を発車するディーゼルカー(奥は夕張方)。《2003年10月25日撮影》

清水沢からかなり坂を上り、ほどなく鹿ノ谷に到着します。

沼ノ沢や清水沢と同様、かつて運炭線との分岐拠点としてにぎわった駅ですが、こちらも例によって旅客ホーム1面1線のみを残すのみとなり、それ以外のスペースは草むして荒れるに任せる状態になっています。

ホームは1面のみながら、少なくとも2両ぶん程度がアスファルト舗装されており、乗り降りしやすいように整備されていました。沼ノ沢などではホームが荒れ果てていたのに比べると対照的ですが、やっと保守の順番が回ってきたというところなのでしょうか。

駅舎内はがらんどう

鹿ノ谷駅駅舎内
【写真2】鹿ノ谷駅駅舎内。《2003年10月25日撮影》

駅は完全に無人化され、がらんとしていました。カウンターの窓ガラスは一応生きているようですが、簡易委託等で使われているという雰囲気もありません。

駅前には住宅が並びます

鹿ノ谷駅駅前
【写真3】鹿ノ谷駅駅前。《2003年10月25日撮影》

駅前からはやや広めの道路がまっすぐ延びており、その両脇に民家が並んでいます。沼ノ沢や清水沢とは異なり商業地区から離れているため、静かではありますが、逆に生活感が国残っているという印象を受けます。

跨線橋から駅構内が見えます

駅北側の跨線橋から駅舎を望む
【写真4】駅北側の跨線橋から駅舎を望む。《2003年10月25日撮影》

駅の北側には、夕張支線を東西に横切る跨線橋が設けられています。この跨線橋に上ると、駅の構内をよく見渡すことができます。

大きなスレート屋根を構えた木造駅舎はなかなかの存在感を示していますが、そこから東側の一帯は荒れ放題で、草どころか木が生えていました。

かつての夕張鉄道跡はサイクリングロードに

駅北側の跨線橋から北側(夕張方)を望む
【写真5】駅北側の跨線橋から北側(夕張方)を望む。《2003年10月25日撮影》

なお、東側のうち一筋のみ、アスファルト舗装されている部分があります。これは、かつて夕張から野幌へと走っていた夕張鉄道の廃線跡で、跡地をサイクリングロードに転用したものです。この夕張鉄道は、ここ鹿ノ谷で連絡していました。

鹿ノ谷地区は、炭鉱会社の管理職が居住していた高級住宅地だったといい、かつては学校も多く立地していましたが、現在ではやはり過疎化が進行しています。

駅名の由来

確認中。

歴史

かつては夕張鉄道が連絡していました。

1892年11月1日
北海道炭礦鉄道によって追分-紅葉山(現、新夕張)-夕張間が開業、この時点では駅非設置。
1901年12月1日
清水沢-夕張間に、鹿ノ谷駅開業。
1906年10月1日
北海道炭礦鉄道が国有化され、官設鉄道(逓信省鉄道作業局)の駅となります。
1926年10月14日
夕張鉄道の栗山-新夕張間が開業し、連絡駅となります[1]
1971年11月14日
この日かぎりで夕張鉄道の鹿ノ谷-夕張本町間が廃止[2]
1975年3月31日
この日かぎりで北海道炭礦汽船(夕張鉄道から譲渡)の野幌-鹿ノ谷間が全線廃止[3]、国鉄夕張線の単独駅となります。
1981年5月24日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。

周辺の見どころ

夕張鹿鳴館(旧北炭鹿ノ谷倶楽部)

駅から西へ、花園橋を渡り徒歩6分。北海道炭礦汽船が役員の交歓や接待などのために建設したもので、皇族の行啓の際にも利用されたといいます。当時の建築技術の粋を極めた豪壮な木造建造物で、1913年の建造。1984年に夕張市に移管されました。

  1. 和久田康雄『鉄道ファンのための私鉄史研究資料』電気車研究会、2014年、17ページ。
  2. 前掲書。
  3. 前掲書。

このページの先頭へ