夕張支線最後の有人駅でした

清水沢

しみずさわ Shimizusawa
清水沢駅
▲清水沢駅駅舎《2003年10月25日撮影》

タブレット交換と腕木式信号機が最後まで残りました

列車交換が行われていた当時の清水沢駅ホーム
【写真1】列車交換が行われていた当時の清水沢駅ホーム。奥が夕張方。《2003年10月25日撮影》

夕張市内で有数の市街地を形成している清水沢地区の玄関口です。

夕張支線は沿線人口や利用者数の割には列車の運転本数が多い区間ですが、私が訪れた2003年10月の時点ではこの清水沢が唯一の交換可能駅となっていました。当時は、タブレット閉塞スタフ閉塞、そして機械式てこによって動作する腕木式信号機がともに残るという、21世紀とは思えない光景が残っていましたが、これらは2004年3月の2004年3月の自動信号化によって姿を消し、列車交換設備自体が撤去されたといいます。

跨線橋が非常に長く

構内を大きく横切る跨線橋
【写真2】構内を大きく横切る跨線橋。《2003年10月25日撮影》

かつては、清水沢自体が夕張有数の繁華街だったことに加え、ここ清水沢から東の大夕張方面へと伸びる運炭線が伸びていたこともあって構内は広く、このため長大な跨線橋がずらりと延びています。今となっては構内踏切にしないのが不可解な状態になっていますが、石炭を満載した貨物列車が頻繁にいったりきたりしていた時代には、敷地を旅客が横断するなど、たいへん危険なことだったのでしょう。

大夕張鉄道線の跡も

旧大夕張鉄道の跡と思われる木製ホーム
【写真3】旧大夕張鉄道の跡と思われる木製ホーム。《2003年10月25日撮影》

前述の運炭線は、大夕張および南大夕張で産出した石炭を運搬していたものです。私が訪問したのは大夕張鉄道線廃止後16年を経過した時点ですが、驚くべきことに、その当時のものと思われる木のホームが、その土台の鉄骨とともにそのまま残っていました。スロープ状の踏み台が残っているのは、運転業務を行うJR駅員が行き来しやすいために置かれたものでしょう。

ホームからも駅舎がよく見えます

ホーム側から見た清水沢駅駅舎
【写真4】ホーム側から見た清水沢駅駅舎。《2003年10月25日撮影》

ホーム側からも、質実剛健という印象を与える木造の駅舎がすっくと建っています。天井が高く見えますが、これでも平屋です。「無事故で守ろう 職場と家庭」という標語が掲げられていますが、かつては事故防止を掲げるほど危険な、しかし勢いのある職場だったのでしょう。

有人駅時代には硬券のきっぷも入手可能

有人駅時代の清水沢駅駅舎内
【写真5】有人駅時代の清水沢駅駅舎内。《2003年10月25日撮影》

駅舎内はかなり広く、窓口のほかにオレンジカード対応の自動券売機も設置されていました。有人駅だった当時は窓口で硬券のきっぷも販売されていましたが、JR北海道の経営悪化のあおりをうけて2015年10月に無人化されています。

かなり寂れてはいるものの、現在でも商店街が機能しており、一通りの店舗がそろっています。

駅名の由来

確認中。

歴史

路線開通当初から一般駅として開業しましたが、旅客営業を開始したのは1901年末という説もあります。かつては三菱石炭鉱業の大夕張鉄道線が連絡していました。

1892年11月1日
北海道炭礦鉄道によって追分-紅葉山(現、新夕張)-夕張間が開業、この時点では駅非設置。
1897年2月16日
紅葉山-夕張間に、清水沢駅開業。
1906年10月1日
北海道炭礦鉄道が国有化され、官設鉄道(逓信省鉄道作業局)の駅となります。
1939年4月20日
三菱鉱業(後の三菱石炭鉱業)によって清水沢-大夕張炭山間が開業、連絡駅となります[1]
1981年5月24日
この日かぎりで貨物営業廃止(三菱石炭鉱業線連絡車扱貨物を除く)。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR北海道の駅となります。
1987年7月21日
この日かぎりで三菱石炭鉱業南大夕張線清水沢-南大夕張間が廃止[2]
2004年3月7日
この日かぎりで通票閉塞の取扱い、腕木式信号機ともに廃止(道内では最後)、あわせて交換設備自体廃止[3]
2015年10月1日
無人化[4]

周辺の見どころ

確認中。

  1. 和久田康雄『鉄道ファンのための私鉄史研究資料』電気車研究会、2014年、18ページ。
  2. 前掲書。
  3. 『北国の走者II』(鉄道ピクトリアル2007年6月号別冊)電気車研究会、100ページ。
  4. JR北海道プレスリリース「駅等の窓口業務終了について」[PDF] (2015年9月18日)。

このページの先頭へ