札幌ドームへのアクセス駅

福住

ふくずみ Fukuzumi
福住駅
▲福住駅1番出口《1996年3月7日撮影》

プロ野球開催日等に大賑わい

福住駅ホーム
【写真1】福住駅ホーム。《2012年2月11日撮影》

東豊線の南側終点にあたる福住駅の周辺は新興住宅地で、マンションが多く建ち並んでいるほか駅に隣接してスーパーが立地しています。また、札幌ドームができてからはその最寄り駅となったため、プロ野球の試合開催日などにはかなり混雑します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

福住の地名は、現在もこの地にある福住寺にあやかったとも、幸福が住むようにとの願いが込められたともいわれています[1]

歴史

地下鉄東豊線が延伸開業した際に設置された駅です。

1994年10月14日
札幌市営地下鉄東豊線の豊水すすきの-福住間が開業した際、福住駅開業。

周辺の見どころ

確認中。

  1. 地名で見る豊平区/札幌市豊平区」(2014年1月2日確認)。

このページの先頭へ