駅名のとおり公園が隣接

豊平公園

とよひらこうえん Toyohirakoen
豊平公園駅
▲豊平公園駅1番出口《2012年2月11日撮影》

体育センターにも隣接

豊平公園駅ホーム
【写真1】豊平公園駅ホーム。《2012年2月11日撮影》

豊平公園に隣接した駅です。駅の構造そのものは、地下1階にコンコースがあり、地下2階に島式ホーム1面2線と、いたってオーソドックスなつくりです。

公園のほか、北海きたえーる(道立総合体育センター)への連絡通路が設けられています。

乗り場

東側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.東豊線 福住方面
  • 2.東豊線 大通、栄町方面

駅名の由来

隣接する豊平公園によります。なお、豊平の地名は、アイヌ語で「トイェ・ピラ」という「崩れた崖」を意味する豊平川の川岸の一部の呼び名[1]によるといわれています。

歴史

地下鉄東豊線が延伸開業した際に設置された駅です。

1994年10月14日
札幌市営地下鉄東豊線の豊水すすきの-福住間が開業した際、豊平公園駅開業。

周辺の見どころ

確認中。

  1. 地名で見る豊平区/札幌市豊平区」(2013年12月13日確認)。

このページの先頭へ