工場と住宅が周囲に集まる

月寒中央

つきさむちゅうおう Tsukisamuchuo
月寒中央駅
▲月寒中央駅3番出口《2012年2月11日撮影》

ホームはいささか狭く

月寒中央駅ホーム
【写真1】月寒中央駅ホーム。《2012年2月11日撮影》

工場と住宅の中にある駅です。東側にはバス乗り場を併設しているフードセンターが立地しており、集合住宅が周囲に多く建っています。

乗り場

東側から順に、1番線、2番線となります。

  • 1.東豊線 福住方面
  • 2.東豊線 大通、栄町方面

駅名の由来

月寒の名称の語源は、アイヌ語の「チ・キサ・プ」(われらが木をこするもの)という説と、「チ・ケシ・サプ」(丘の外れの下り坂)という説があります[1]。以前は「つきさっぷ」と呼ばれましたが、現在は「つきさむ」が定着しています。

歴史

地下鉄東豊線が延伸開業した際に設置された駅です。

1994年10月14日
札幌市営地下鉄東豊線の豊水すすきの-福住間が開業した際、月寒中央駅開業。

周辺の見どころ

確認中。

  1. 地名で見る豊平区/札幌市豊平区」(2014年1月2日確認)。

このページの先頭へ