ログハウス調の駅舎を構える郊外の駅

浅水

あそうず Asozu
浅水駅
▲浅水駅《2011年7月18日撮影》

 

浅水駅ホーム
【写真1】浅水駅ホーム。《2011年3月20日撮影》

福井市南部の郊外に設けられた駅です。

島式ホーム1面2線から成り列車交換が可能であるほか、側線が設けられており作業用車が停まっているなど、敷地はかなり大きくなっています。駅本屋との間は構内踏切で結ばれています。

 

浅水駅ホームより駅舎を望む
【写真2】浅水駅ホームより駅舎を望む。《2011年3月20日撮影》

駅舎は、1992年に改築されたログハウス調のもので、屋根は高いのですがこれでも平屋です。天井が非常に高く、このため黒をベースとしているにもかかわらず、開放感があります。鉄道の駅というより、LRTの停留所といった雰囲気です。

駅の周辺には倉庫が多く、また道路が整備されていることもあってか自動車の通行量が多いため、賑やかです。また、ここ浅水駅から清明駅にかけて自動車の販売店がずらりと並んでいるのも特徴のひとつといえます。いっぽう商店が多数ひしめいているというわけではなく、活気という面ではいささか弱い感じを受けました。

停車列車 [2016年4月現在]

急行が停車します。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

福武電気鉄道開業当初からの駅です。

1925年7月26日
福武電気鉄道によって兵営(現、神明)-福井新(現、赤十字前)間が開業した際、浅水駅開業。
1945年8月1日
福武電気鉄道が鯖浦電気鉄道と合併して福井鉄道となり、福井鉄道の駅となります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ