ここから併用軌道に

商工会議所前

しょうこうかいぎしょまえ Shokokaigishomae
商工会議所前駅
▲商工会議所前駅《2011年7月16日撮影》

 

鉄軌分界点を通る電車
【写真1】鉄軌分界点を通る電車。《2011年7月16日撮影》

新木田交差点を境に、福武線は専用軌道区間から併用軌道区間に入ります。ここから先は終点の田原町駅を除き、フェニックス通り上の併用軌道と安全地帯から成る区間が続きます。その最初の電停が、商工会議所前です。

それぞれの方向の安全地帯が千鳥式に配置されています。いずれも横断歩道に連絡しており、上屋などはありません。

福井市商工会議所や保健所のほか、さまざまな商店やビルが並んでいる一角にあります。

停車列車 [2016年4月現在]

急行が停車します。

駅名の由来

特記事項なし。

歴史

路線延伸開業の際に設置された駅です。

1933年10月15日
福武電気鉄道によって福井新(現、赤十字前)-福井駅前(現、福井駅)が開業した際に、「木田四ッ辻」駅開業。
1945年8月1日
福武電気鉄道が鯖浦電気鉄道と合併して福井鉄道となり、福井鉄道の駅となります。
2016年3月27日
駅名を「商工会議所前」に変更[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. 福井鉄道・お知らせ「平成28年3月27日(日) 福鉄電車ダイヤ改正(時刻表掲載)」 (2016年3月3日)。

このページの先頭へ