修行僧の名を取った新設駅

泰澄の里

たいちょうのさと Taichonosato
泰澄の里駅
▲泰澄の里駅《2011年7月18日撮影》

 

泰澄の里駅入口
【写真1】泰澄の里駅入口。《2011年3月20日撮影》

浅水地区南側に開発された地域へのアクセス拠点として設けられた新設駅です。

片面ホームと屋根のみの無人駅で駅舎もありませんが、ホーム上に並べられたプランターには色とりどりの花が咲いており、目を和ませてくれます。また清掃も行き届いており、居心地のよい駅でした。

停車列車 [2016年4月現在]

普通列車のみが停車します。

駅名の由来

白山を開山したとされる奈良時代の僧、泰澄がこの地に住んでいたとされることからつけられたものです。

歴史

新設駅です。

2011年3月20日
三十八社-浅水間に、泰澄の里駅開業。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ