田畑の中にポツンとたたずむ駅

免田

めんでん Menden
免田駅
▲免田駅駅舎《2014年5月23日撮影》

島式ホームを擁します

免田駅ホーム
【写真1】免田駅ホーム。《2014年5月23日撮影》

免田駅は、相対式ホームが多い七尾線で唯一、島式ホーム1面2線から成る駅です。ホーム上には小さい待合室が設けられています。

駅舎はずいぶんコンパクト

免田駅駅舎内
【写真2】免田駅駅舎内。《2014年5月23日撮影》

これまた小さな駅舎があり、中にはベンチと自動券売機が設置されています。ホームとの間は、待合室と直接つながった跨線橋で連絡しています。駅の敷地には余裕があるように見受けられるのですが。

ここになぜ駅が設けられたのでしょうか

免田駅駅舎とその周辺
【写真3】免田駅駅舎とその周辺。《2014年5月23日撮影》

駅舎を出て左手には、線路脇に駐車場が設けられています。駅のところでちょうど道路が屈曲しているため、駅は比較的わかりやすい場所にあります。

駅近くには小学校がありますが、まとまった集落があるわけではなく、農村の中に駅がぽつんとたたずんでいるという雰囲気です。なぜここに駅が設けられたのかは定かではありませんが、列車行き違いのための信号場設置の用が先にあったのでしょうか。

停車列車 [2015年3月現在]

普通列車のみが停車します。

乗り場

番線表示は確認できませんでした。

  • (西側)七尾線下り 羽咋、七尾方面
  • (東側)七尾線上り 津幡方面

駅名の由来

確認中。

歴史

戦後になってから設置された駅です。

1950年5月1日
国鉄七尾線の高松-宝達間に、新駅として免田駅開業。当初から旅客のみの取扱いでした。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR西日本の駅となります。

周辺の見どころ

喜多家住宅

駅から北西へ徒歩15分。十村役を務めた民家の大きな母屋には、大式台(藩主専用の玄関)など見どころがたくさん。国指定重要文化財。入館料500円、火休。 [Google Map] [Mapion]

このページの先頭へ