謎の張り出しを掲げる木造瓦屋根の駅舎

東新庄

ひがししんじょう Higashishinjo
東新庄駅
▲東新庄駅駅舎《2007年9月9日撮影》

この不自然な増築はいったい何

東新庄駅駅舎を斜め前から
【写真1】東新庄駅の駅舎を斜め前から見ると、軒の部分が不自然に増築されているのがわかります。この造形の意図はいったい何なのでしょうか。《2007年9月9日撮影》

稲荷町で不二越線と分かれ、工場と住宅が混在する中をほぼ真東に走り、最初の停車駅である東新庄に停車します。普通列車と急行が停車します。

木造の駅舎が使われており、ホームからは天井の高い駅舎の脇から入る形になるものの、際だった特徴は感じられませんが、駅から出てあらためて駅舎を眺めると、正面に設けられた四角形の異様な張り出しがいやでも目に入ります。最初から作られたようにはとても見えず、あとから増築されたものと思われますが、何のためにこの張り出しを設けたのでしょうか。

控えめながらローマ字表記が

ローマ字の駅名表示
【写真2】駅に向かって右手には、ごく控えめに「HIGASHISHINJO」の文字が。《2007年9月9日撮影》

モルタルの塗られた駅舎の外壁には、ごく控えめにローマ字表記の駅名表示がありました。富山地鉄で駅舎にローマ字表記があるのは珍しく、この駅の利用者に外国人が多かったのでしょうか。

駅舎の天井は何に使われていたのか

東新庄駅駅舎内
【写真3】東新庄の駅改札は、玄関を入って右手になります。ただし駅舎はホームからみて少し斜めに位置しています。《2007年9月9日撮影》

駅舎内には自動券売機が設けられているほか、早朝と深夜をのぞいて駅員が配置されており、委託駅員が対応しています。駅舎内の玄関上を見てわかるとおり、駅舎の高さに比べて天井がさほど高いわけではないため、天井裏が何らかの形で使われている(いた)ものと思われます。改札の脇には「荷物扱い時間(社線のみ)」の案内が今なお掲示されていました。

相対式ホームと構内踏切

東新庄駅ホーム
【写真4】東新庄駅ホーム。ホームの向きと駅舎の位置関係がわかります。《2007年9月9日撮影》

相対式ホーム2面2線から成る交換可能駅で、電鉄黒部方面へは改札を入って正面に向かい、電鉄富山方面へは改札を入ってすぐ左にある構内踏切をわたります。構内踏切をわたった脇には作業小屋のような施設が建っています。

駅の周辺は住宅地となっており、駅のすぐ脇に設けられている自転車駐輪場には大量の自転車が停められていました。また、駅舎をはさんで線路の反対側には大規模商業施設があります。

停車列車 [2013年1月現在]

基本的に普通列車と急行列車が停車しますが、早朝の立山行き急行は通過します。

乗り場

駅本屋側から順に、2番線、1番線となっています。

  • 1.本線上り 稲荷町、電鉄富山方面
  • 2.本線下り 寺田、宇奈月温泉方面

駅名の由来

確認中。

歴史

富山電気鉄道が富山田地方(現在の電鉄富山と稲荷町の間に存在、のち廃止)-上市および寺田-五百石を開通させた際に設置された駅です。

1931年8月15日
開業。

周辺の見どころ

金岡邸【未訪】

駅から北東へ、徒歩5分。明治時代の薬種商店舗の屋敷を活用し、薬事に関するさまざまな資料を保存展示している資料館です。屋敷は国登録有形文化財。200円、火休。

このページの先頭へ