水田が目の前に広がる

栃屋

とちや Tochiya
栃屋駅
▲栃屋駅《2007年9月9日撮影》

片面ホームに待合室

栃屋駅遠景
【写真1】栃屋駅遠景。《2007年9月9日撮影》

片面ホームと待合室のみのシンプルな駅です。待合室は古い木造のもので、屋根はトタン葺きになっています。待合室と離れて便所もありますが、こちらの中は確認していません。

ホーム上は花がきれい

栃屋駅待合室内
【写真2】栃屋駅待合室内。《2007年9月9日撮影》

ホーム上にはプランターが置かれ、さまざまな色の花がモノトーンの駅を飾っていました。

駅の周辺は一面の水田となっており、農家がぽつぽつと建っています。

停車列車 [2015年9月現在]

特急は通過します。

  • 快速急行・急行・普通 若栗栃屋浦山

駅名の由来

確認中。

歴史

黒部鉄道が三日市(後の黒部、現在は廃止)-下立間を開通させた際に設置された駅です。

1922年11月5日
開業。
1943年1月1日
富山地方鉄道の成立に伴い、同社の駅になります。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ