ホームに並行した横長駅舎のある駅

榎町

えのきまち Enokimachi
榎町駅
▲榎町駅駅舎《2007年9月8日撮影》

駅舎は意外と大柄

榎町駅ホーム(寺田方を望む)
【写真1】榎町駅ホーム(寺田方を望む)。《2007年9月8日撮影》

1面1線の駅で、木造駅舎を擁する無人駅です。

ホーム上屋はずいぶん立派

榎町駅ホーム屋根
【写真2】榎町駅ホーム屋根。《2007年9月8日撮影》

ホームにはずいぶんと年季の入った上屋があります。木製で、おそろしく太い梁が目立ちますが、この梁の組み方に規則性がなく、場当たり的に作ったようなようにも見えます。それでも風雪に耐えて残っているということは、仕事としては結果的に間違っていないのでしょう。据え付け式の長いホームもいい感じです。

ホームと駅舎は少し離れて

榎町駅ホームから待合室への通路
【写真3】榎町駅ホームから待合室への通路。《2007年9月8日撮影》

ホームと駅舎の間は少し離れており、屋根のある通路で連絡しています。ホームを島式にして運用する可能性を想定したのでしょうか。もっとも、駅前後には分岐機やそれに関する痕跡は特に見当たりませんでしたが。

無人化後も駅舎はかつての名残を残す

榎町駅出入口
【写真4】榎町駅出入口。《2007年9月8日撮影》

駅舎は木造平屋建で、現在では完全に無人化されていますが、窓口の跡はよく残っており、係員が業務を行うことは可能な状態になっています。

駅の周辺は農村地帯で、駅の東側は小集落となっています。西側には小学校と中学校が立地しています。

停車列車 [2015年3月現在]

平日に運転される急行が停車します。

駅名の由来

確認中。

歴史

立山鉄道が、五百石-立山(現在の立山とは異なり、現・岩峅寺付近にあった駅)を開業させた際に設置された駅です。

1921年3月19日
開業。

周辺の見どころ

確認中。

このページの先頭へ