中島閘門へはここから

越中中島
えっちゅうなかじま
Etchunakajima

越中中島駅

 ホームが千鳥式に配置されている2面1線の駅で、両ホームの間は構内踏切で連絡しています。

 駅の周辺には住宅のほか、飲み屋が数軒並んでいるのが目を引きます。

駅名の由来

 コメント準備中。

歴史

 富岩鉄道開通時に設置された駅で、開業当初は「奥田中島」と称しました。国有化された1943年6月1日に現在の「越中中島」と改称されています。当初から旅客のみの取り扱いでした。

周辺の見どころ

中島閘門

 駅から西へ、徒歩15分。2.5mの水位差を利用するパナマ運河式の閘門として知られており、工場への輸送で活況を呈した富岩運河のシンボル的な存在です。富岩運河開削にあわせて設置された中島閘門は、急流をなす神通川において大型船舶の航行を可能とし、富山における水運体系を大きく変えました。リベットがむき出しになっているゲート本体もさることながら、閘室や扉室の石組みが地味ながら迫力があります。国指定重要文化財、見学自由。

2007年11月6日

ご意見、ご感想などは、脇坂 健までお願いいたします。
Copyright ©1999-2007 Wakisaka Ken. All Rights Reserved.