高架駅ながら無人化

万座・鹿沢口

まんざ・かざわぐち
Manza-Kazawaguchi
万座・鹿沢口駅
万座・鹿沢口駅。2016年4月9日

高架上に片面ホーム

万座・鹿沢口駅ホーム(奥は渋川方)
写真1万座・鹿沢口駅ホーム(奥は渋川方)。2016年4月9日

袋倉の先で2つのトンネルを抜けた先で吾妻線は高架になり、三原地区の中心駅である万座・鹿沢口駅になります。

2つの地名を「・(ナカグロ)」で結ぶ駅名は国鉄唯一のものだったことに加え、長らく吾妻線の優等列車が当駅まで乗り入れていたことから、上野駅に「万座・鹿沢口」の表示が出ると、そのユニークさに目を引いたといいます。

片面1線の駅ですが、当駅での折り返しが可能です。恐らく、南側にもう1線を敷設して島式1面2線にすることを想定していたものと思われます。

無人化されました

万座・鹿沢口駅改札口周辺
写真2万座・鹿沢口駅改札口周辺。2016年4月9日

長らく特急列車が乗り入れていましたが、現在では全便が長野原草津口折り返しとなり、当駅に発着するのは普通列車のみです。利用者も減少しているようで、2017年4月には無人化されました。

出口は南北に

万座・鹿沢口駅高架下コンコース
写真3万座・鹿沢口駅高架下コンコース。2016年4月9日

改札外コンコースが高架下に設けられており、南側と北側にそれぞれ出口が設けられています。

南口には大きなバスターミナル

万座・鹿沢口駅南口バスターミナル
写真4万座・鹿沢口駅南口バスターミナル。2016年4月9日

駅の南側はバスターミナルになっており、北側の万座温泉や、南側の軽井沢へ向かう路線バスが発着しています。かつては長野原草津口と同様に、列車と接続して多数の路線バスが出て行ったのでしょうが、現在では本数もかなり減っているようです。

北口は国道に面しています

万座・鹿沢口駅北口
写真5万座・鹿沢口駅北口。2016年4月9日

一方の駅北口はすぐ国道144号線に面しており、こちらには個人商店が並んでいます。

川の対岸には高校も

万座・鹿沢口駅北口駅前
写真6万座・鹿沢口駅北口駅前。2016年4月9日

駅北側を流れる吾妻川の対岸に三原地区の集落があり、小学校や高校が立地しています。

駅名の由来

確認中。

歴史

吾妻線延伸の際に設置された駅です。

略年表(クリックまたはタップで開閉)
1971年(昭和46年)3月7日
国鉄吾妻線・長野原(現、長野原草津口)-大前間が開業した際、万座・鹿沢口駅開業。当初から旅客のみの取扱いでした。
1987年(昭和62年)4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
2017年(平成29年)4月1日
無人化[1]
2019年(令和元年)10月13日
台風19号に伴う水害のため、長野原草津口-大前間が運休。
2020年(令和2年)2月21日
長野原草津口-大前間が復旧、運転再開。

駅周辺

確認中。

近隣の見どころ

確認中。

  1. 上毛新聞「あすからJR吾妻線 2駅を無人化 利用者から不満の声(2017年3月31日)。※2020年7月23日現在リンク切れ

このページの先頭へ