長野原草津口 【準備中】

ながのはらくさつぐち Naganoharakusatsuguchi

 写真準備中 

停車列車 [2017年6月現在]

特急「草津」の終着駅です。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

路線開業当時からの駅です。

1945年1月2日
国有鉄道(運輸通信省)長野原線(貨物扱いのみ)の渋川-長野原間が開業した際、「長野原」駅開業。当時は貨物のみの取り扱いで、また中間駅はありませんでした。
1946年4月20日
旅客営業開始。
1971年3月6日
この日かぎりで貨物営業廃止。
1987年4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。
1991年12月1日
駅名を「長野原草津口」に変更。
2013年8月1日
新駅舎供用開始[1]

周辺の見どころ

確認中。

  1. 読売新聞・群馬「長野原草津口駅 吾妻の顔に」(2013年7月28日)。※2017年6月13日現在リンク切れ

このページの先頭へ