背面に段丘崖が迫ります

祖母島

うばしま
Ubashima
祖母島駅
祖母島駅。2016年4月10日

駅から水田が見えます

祖母島駅ホーム(奥は大前方)
写真1祖母島駅ホーム(奥は大前方)。2016年4月10日

金島駅の西側で上越新幹線をアンダークロスすると、吾妻線の線路は吾妻川が形成した河岸段丘に沿って田園地帯を進むようになります。右手(東側)に水田、左手(西側)に段丘崖が見えるようになると、祖母島駅になります。

片面ホームがカーブを描きます

祖母島駅ホーム(奥は渋川方)
写真2祖母島駅ホーム(奥は渋川方)。2016年4月10日

カーブの上に片面ホームが設けられているのみの簡素な無人駅で、恐らく開業当初からあまり変わっていないのではないでしょうか。

小さな待合所があるのみ

祖母島駅待合スペース
写真3祖母島駅待合スペース。2016年4月10日

ホーム上にはコンクリートブロック造りの小さな待合スペースがあり、座布団が設置されていました。駅舎はなく、ホームから出てすぐの所に駐輪場が設置されています。

集落は坂道の上側に

祖母島駅を背面から見る
写真4祖母島駅を背面から見る。2016年4月10日

駅はちょうど段丘崖の真上にあり、水田側から見ると築堤駅ですが、駅を出て西側の坂道を上ると段丘の下にあるように見えます。

集落は坂道を上った先に形成されています。

停車列車 [2020年7月現在]

普通列車のみが停車します。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

略年表(クリックまたはタップで開閉)
1959年(昭和34年)2月10日
国鉄長野原線の金島-小野上間に、祖母島駅開業。当初から旅客のみの取扱いでした。
1987年(昭和62年)4月1日
国鉄の分割民営化に伴い、JR東日本の駅となります。

駅周辺

確認中。

近隣の見どころ

確認中。

このページの先頭へ