階段の上に駅舎

伊豆多賀

いずたが Izutaga
伊豆多賀駅
▲伊豆多賀駅駅舎《2005年9月10日撮影》

STATION PROFILE

ここも白壁づくり

伊豆多賀駅玄関下部
【写真1】ごく小さな駅舎ですが、ひっそりした山肌によくとけ込んでいます。《2005年9月10日撮影》

伊東線は、来宮から先では温泉郷の最寄り駅が連なっています。同駅から2つの長大トンネルを抜けると、その最初の駅である伊豆多賀に到着します。

伊豆多賀の駅は、温泉街からかなり高いところに設けられています。駅舎は、他の伊東線中間駅とは異なり、下りホームに接して設けられていますが、ここから階段を下りて駅前広場に出て、さらにそこから急坂で海へ向かいます。

駅舎は、伊東線共通デザインの白壁づくりで、格子窓が見られます。腰回りに石材を配してアクセントを付けているのが特徴的。

開放的な改札口

伊豆多賀駅改札
【写真2】改札口付近の開放感が印象に残ります。駅を出るとすぐ先が階段というのが難ではありますが。《2005年9月10日撮影》

個人的な印象ですが、この駅は玄関側から見るよりも、ホームに降り立ち改札へ向かうときのほうが映えるように思われます。ゆったりした精算窓口を囲む白壁と下部の石材がなすコントラストは、山間部でありながら独特の明るさを示しています。来宮や網代とは異なり地下道を介していないため、改札に向かうときに重苦しさがまったくありません。

ホームは山に覆われるように

伊豆多賀駅ホーム
【写真3】伊豆多賀駅ホームは山間部にあり、木々に覆われるようにひっそりとしています。《2003年5月10日撮影》

ホームは山肌に張り付くように設けられており、対向式ホーム2面2線となっています。両ホームは地下道で連絡しています。春にはサクラがきれいな姿を見せることで有名ですが、夏には虫が多く、私が下車したときには、列車待ちの間に蚊の大群と格闘することになりました。

伊豆多賀には大規模な海水浴場があり、松並木が美しいことでも知られていますが、現在では伊東線内各駅の中で、もっとも地味な存在になっています。

停車列車 [2014年5月現在]

確認中。

乗り場

確認中。

駅名の由来

確認中。

歴史

詳細は確認中。

  • 【1935年3月30日】 開業。

周辺の見どころ

確認中。

2005年9月12日

このページの先頭へ